虚像を愛する

だいたい寝言

平野紫耀という沼にハマった日

思い返してみても、転げ落ちるみたいに加速した日々だった。

 

平野くんの沼にハマって行った過程は、折に触れては振り返っていることもあって、今でも鮮明に思い出すことができる。

 

キッカケは、友人からの勧め。

…と言っても初めに勧められたのは岸優太くん。

しかもそれも、正確に言うと勧められてはいない。その子が岸担だったから、知らず知らずのうちにステマされていただけだ。

 

当時の私は、ジャニヲタとも呼べないようなただ単なる「嵐のファン」であった。今になるとそう思う。

根がお茶の間気質だ。だから、雑誌は躊躇うことなくガンガン買うし、テレビ番組はもれなくチェックするようにして、ローカルな番組も後日できる限りネットで動画を探した。

コンサートDVDも全て買った。

しかし、現場にはなかなか行かなかった。いや、行けなかったのだ。

高校生までは勉学優先、現場やFC入会は大学生になってから自分のお金で!と口酸っぱく言われて育った。

やっとの思いでFCに入っても、チケットはもう何年も連続で外れ続け、なぜか謎に番協には当たったけどコンサートはからきしダメ。何年越しかの願い叶ってその2年前に友人のおかげで嵐コンデビューしたばかり。当たらなければ行かない。

情報弱者、かつ最新ツールに怯える小心者であり、頑なに「Twitterのジャニーズアカウント」だけは作っていなかった。

そもそもSNS自体そんなに使いこなすタイプではなかった。

 

一方、友人(元は私のバイト先の生徒であった)は現役高校生にして、チケットは積むし売るし、東京にもどんどん遠征してしまうようなTHE ジャニヲタであった。

彼女は初め、キスマイが好きだと言った。ちょうどキスマイBUSAIKU?!がかなり話題で、私もその話にのった。すると続けて彼女は「でも今は、1番岸くんに熱あげてるんですけどね♡」と言ってジャニーズJr.を紹介してきた。

 

嵐のファンであり、生きてきた時代もあって私はいわゆる「ジュニア黄金期」が大好物である。

彼女はそこに上手く滑り込ませてきた。

「今は、ジュニア黄金期再来って言われてるんですよ!!」

そう言われてしまえば、見ない手はない。

ありとあらゆるメディアを駆使して、無料でかき集められる彼らの最新情報をみた。

重ねて彼女は、「ニノのことを好きって言っているジュニアも何人かいて、松倉っていう子とか。」と言ってきた。

ついでに調べてみたら、もっと強火で関西ジャニーズJr.に西畑大吾くんという子がいることも突き止めた。

その時は、最終的に巡り巡って岸くん素敵だなあと思った。(でもまだ完全には堕ちないなあという印象)

その感想をまるまる伝えると、彼女はあと一押しとばかりに怒涛の情報をくれた。

近キョリ恋愛のドラマに出てます!深夜です!まずそれをみてください!」

…わかった、みよう。おお!岸くん上手!確かに売れそうだ!(何様)

彼女にLINEでジャニーズJr.について質問したらどんどん教えてくれた。

そこで、他の人気のジュニアを尋ねてみたところ、一通り東京の子達の名前が挙がった後に流れるように

「関西の平野紫耀、永瀬廉とか」という名前が挙がった。

待って!!!!

なんか聞いことあるー!なんでやー!!思わずそこで彼女を止めた。

まず。まず、平野くん。下の名前、なんて読むんや?(定番)

「しょうですよー!」と言われて、いや読めなくもないけど!はーん、しよう→しょう、ね?!という誰しもが通る頷きをした。

どんな子たち?写真ない??

届いた写メを見て一言。

「この子たち、人気?写真はすっごく可愛いけれど!!!!

「この2人はめっちゃ人気ですよー!」

でもどこかで見たな、この子たち…

 

そして気になったものはすぐに調べる。

そこで納得。

あーーーーっ!ドリボだ!ドリボの会見だ!

関西ローカルで取り上げていた、舞台DREAM BOYSの会見で平野くんが

「関西ジュニアの中で、ゴリラって呼ばれてるんですよー」

と言っていたコメントがかなりインパクトがあって、気になっていたのだ。

だから2人の名前は記憶にあったのか…!

わっ!しかも例のニノ大好き西畑くんと一緒に活動してるんやん!何度もかすってたのに気に留めてなかった〜こんなイケメンなのに〜〜…と猛省。

 

続けて、平野紫耀で検索して1番トップに出てきた動画を見た。それは、平野くんのまいジャニでの珍発言などをまとめたものだった。

 

堕ちた。

 

かんっぜんに!堕ちた!

どのシーンで堕ちたかも鮮明に覚えている。

かつみさゆりの2人がゲストの回で、

「がんば、れんれーん!」「がんば、りゅーせー!」「ふぁい、とーまー!」の後に、金内くんに手招きされて無茶振りで入らされた平野くんが 「スーパーひらのぉーーー」

と間抜けた声でスーパーマンのポーズで飛び出てきた、アレである。

 

見れば見るほど堕ちていった。

話す間も、ハスキーな声も、話しながらぺろっと唇をなめる仕草も

初めこそ癖なのかなあと思ったが、その全ての要素に甘い中毒性を感じて、

何もかも虜になり、

もっと彼が話しているところが見たい!!!

と、気づけばあるだけの動画を探していた。(コラ)

この時点でたまらず友人にLINE。

「平野くんって子、なんかいいね。話し方とか声とか、すっごい売れると思う、この子。」(今思うと本当何様?笑)

 

気になっているので、

引き続きGoogleにて「平野紫耀」検索。

 

続いて出てきたのは、「神対応」というものであった。

神対応?ナニソレ??

読んでみると、街中でファンの子が偶然彼にあった時に声をかけてみると、

優しく対応してくれるばかりか「手が冷たくてごめんね?」と気遣ってまでくれたということであった。

こういった優しい対応が、何件もあり、それがTwitterにおいて拡散され話題となっているらしかった。

なんと…ひととなりもなかなか惚れるではないか…どうしよう…

 

ところで肝心の歌と踊りはどうなんだ?

検索検索。どうやら昔から習っていたダンスが好きらしい。うんうん、なるほど確かにうまい。

というか、ダイナミックだ。これは運動ができる人の動きって感じだ。

ボイメンってとこにも所属していたのか…メモメモ。

 

いやあ、でも。さすがにこれだけ声カスれてたら、歌は上手くないデショ。

平野紫耀、歌、で検索。

そこで引っかかったのが

「胸の振り子」であった。

その衝撃は今でも忘れはしない。

そんな事ってある?!という気持ちであった。

めっちゃめちゃうまい。

しかも、想定外の種類のうまさなのだ。

良い意味でジャニーズらしくない。

即様、母親に連絡。これ見て。すごい子が出てきたわ。

 

そして最後に気になっていた情報が。

平野くんが「SHARK」というドラマですでに主演を果たしていたというのだ。

えええええええ?!何それ無茶過ぎない?!

しかもドラマ初出演にして、てある…

ああ、これはこの事務所特有のアレだ。目も当てられない失敗してるやつだ…さすがに演技ばかりは何度かやってないと無理でしょ…

とりあえず一話を観はじめた。もはや気持ちとしては、「怖いものみたさ」 であり「粗探し」にも似たような心境であった。

平野くん演じる瑞紀が登場するまで、数分。ドキドキしながらどんな大根演技をするのかと。

きた!!!!!!

………………………………………………

…………????!??!

はっきり言って、困惑、である。

なぜなら、すごく自然で巧かったから。

はっはーーーーぁん??!?

待って待って待って待って、この子…とんでもない天才なのでは?!!!??

 

すごい子を発見したと思った。しかもまだJr.だ。発掘したわ!と思ったけど、すでに彼はかなり人気だった。

そうだ、当然だ。だって人気の子を教えてってお願いしたんだもん笑。

 

とにかく彼が出る番組をチェックしようと思った。

そして、コンサートがあるなら行こうとも。

そこで、いろいろ検索をかけた結果

平野紫耀くんの掲示板を見つけた。

それをまずはお気に入りに登録して、毎日チェックする日々が始まった。

すると、その掲示板にはどうやらTwitterからの情報が多く転載されているらしいことに気づいた。

 

そこで、唯一作ってあったリア垢で

紫耀くん情報さんをフォローした。

 

どうやら松竹座でコンサートをするらしい…行きたい…しかし情報が何もない。まずファンクラブってあるのか?!

調べてみるとファンクラブは今は動いていないらしい。どういうことや?!

とりあえず言われるがままに情報メール会員というのに登録をした。

しかし時すでに遅し。2014クリパには間に合わなかった。致し方ない。

どうやら、松竹座で季節ごとにコンサートをしているみたいじゃないか。今回から平野くんと永瀬くんで座長だというし。また次の機会にみれるだろう。

 

ご存知の通り、この考えは甘かった。

 

人は、出会うべき時に出会うべき人と出会うようになっている。

後悔してもどうしようもないことなのだ。

だが私は今でもこのことを悔やんでも悔やみきれない。

 

次に届いた春松竹のお知らせに、平野くんの名前はなかった。

 

ええーー平野くん、どこにいるの??どうなってるの??よく分からないな…

 

続けてクリエの発表があった。4月から行われるジャニーズ銀座である。

そのくくりにビックリ!岸くんたち4人と関西2人が一緒に!

髙橋海人くんはむしろドリボで2人と一緒にやっていたから、3:3の構図か…?

情報弱者のため世論も分かっていなかった)

 

何が何だか分からなくなり、Twitterのリア垢で唯一得ていた「紫耀くん情報」さんからの情報だけでは何も分からなくなってきた。

ので。

思い切ってジャニーズ用のアカウントを作った。

嵐のためにも作ったことがないのである。何も勝手がわからない。

どうしてみんな、友達がいるのかもわからない。

情報を検索しては、それを提供してくれていそうな人たちを手当たり次第にフォローした。

 

んん?!平野くんはセクシーゾーンについているのかい??んんん?!

そうかJr.はバックにつくということもあるのだな…メインじゃなさそうだしこれはいっか。

また次の松竹は戻ってくるやろう。

 

そうして迎えた春松竹。

レポもうまく拾えないままにRTしてくれる人を何とかフォローして読んでいた最中。

まいジャニで堕ちた人間としては、更に受け入れがたいニュースが舞い込むこととなった。

 

そう、かねうちくんの退所疑惑である。

 

Twitterを始めて間もない私でも体感するほどに、揺れていた。

やめるの??なんで??

私からすれば、寝耳に水である。

そしてそこに、平野くんがディズニーにいたという情報も重ねて舞い込んできた。

 

悲しくなった。叩かれるようなことではないと思った。でも、叩く人の気持ちも分かった。

 

そこで早くも思い知った。

「Jr.に保証された"次"はない」

行きたい時に見たい時に行っておかないと、一生見ることができないかもしれない。

DVD化が保証されている嵐とは訳がちがうのだとやっと悟った。

 

だから、SexyZoneのチケットは持っていなかったけれど

何とかして大阪公演の立ち見を譲ってもらい、平野くんを生で拝むことができた。初勝つんだwinも城ホで経験した。

 

これほどまでに、「…会えた!!!!」と思ったのは人生で2度目。

ただ、彼が踊るたび、スクリーンに映るたび、ビブラートが鼓膜を揺らすたび、全てに興奮し、刻み込まれていく感覚に

シビれた。

 

そこからはもう、御察しの通りである。

 

サマステ?東京??

平野くんのためなら、全然行きます!!!

 

少年収??東京???

平野くんのためなら、約束断ってでも行きます!!!!

 

ジャニワ??東京???

平野くんをみるためなら、喜んで行きます!!!!

 

beginner's luckなのかチケットも苦労せずに1名義で舞い込むことが多かった。

今思えば、沼底から呼ばれていたのかも…!!笑

見るたびに虜にしてくれる紫耀くんの沼にはまらないわけがなかった。

だけど、彼が松竹座の舞台上に戻ってくることはなかったし、

私が一瞬でハマったあのどこかフワフワしていて、それでも核心を突くようなセンス抜群な天然発言をする弟ポジションの平野くんは、なかなか拝見できなくなってしまった。

同じ季節は2度とは巡ってこないのだと、そう教えてくれた。

 

次に訪れた夏松竹には、平野紫耀の名前も、永瀬廉の名前さえももうなかった。

だけど私は、足を運んだ。

彼らが基盤として育ってきたその「松竹座」を知りたかったからだ。

そして関西ジュニアの熱量に触れた。

ケタ違いだった。

生で観ることの重要さを思い知った。

そして、ああ、この場に平野くんが居たんだなあ…観たかったなあ…と消えることのない心残りを抱いた。

 

この子はいずれデビューする!それどころか人気爆発する!!と確信して

応援を始めてから今まで、楽しすぎてあっという間すぎて。

本当に加速するような日々であった。

彼に出会って、新しい世界をたくさん知った。

たくさんの感謝をした。

彼が結んでくれる縁までもが尊く、愛おしいものであった。

 

まだまだ、平野くんのみせてくれる景色に私の日々を彩ってもらいたい。

そして、二度と後悔しないように、大切な一場面を見逃すことのないように。